商品をえらぶ
新規会員登録はこちらから>
会員様のログインはこちらから>

新規会員登録で500ポイントプレゼント
シェフ仕立てカリーお試しセット
御中元
ひんやりスイーツ
欧風カリー
季節限定の味わい
伝統のインドカリー
カレーありがとうキャンペーン

商品キーワード検索から選ぶ
レシピ紹介
カレーレシピのポイント


新宿中村屋の歴史
中村屋のカリーは恋と革命から生まれました「インドカリー物語」

これは、中村屋にインドカリーを伝えた
インド人の発音するとおりに「カリーライス」とメニュー
に書いたことによります。

日本のインドカリーの原点。
その誕生には一つの料理にとどまらない、国境を越えた人と人との想いが込められているのです。

中村屋の看板メニューの1つでもある、「純印度式カリー」の誕生の歴史をご紹介します。

中村屋のスタートはパン屋でした。

創業当時の中村屋

中村屋が創業したのは明治34年(1901年)。本郷の東京大学正門前にパン屋として創業しました。

その後、順調に売上が伸び、店舗が手狭になったため、明治42年に新宿の現在の地に移転し、菓子の販売も始めました。

創業者は相馬愛蔵とその妻・黒光。商売とは縁のない家系に
育った2人でしたが、「材料を精選した優良品を造り、適切な価格で売る」という信念のもと、現在まで愛され続けている商品の数々を生み出しました。

クリームパン、月餅、中華まんじゅう、ボルシチ・・・。
インドカリーも、その中の1つでした。

純インド式カリーの元祖は中村屋です。

発売当初の「純印度式カリー」のセット

中村屋が純印度式カリーを発売したのは、昭和2(1927)年。
今から90年前のことです。
それまで日本で食されていたカレーは、インドからイギリスを経由した、カレー粉と小麦粉で作る英国式カレーでした。
そんな中、中村屋は小麦粉を使わない純印度式カリーを発売し、新風を吹き込みました。
インドカリーのレシピを中村屋に伝えたのは、ラス・ビハリ・ボースというインドの独立運動の志士でした。

『革命』に身を投じたボース。厳しい追求の手から中村屋が匿いました。

ラス・ビハリ・ボース

ラス・ビハリ・ボースはイギリスの植民地だった祖国を救うため独立運動に身を投じ、大正4年に日本へ亡命。しかし日英同盟を結んでいた当時の日本政府は、ボースに国外退去を命じます。

彼の身の上を気の毒に思った中村屋の創業者・相馬愛蔵・黒光夫妻は、中村屋の裏庭にあるアトリエでボースを匿うことを決意。ボースは4ヵ月半を中村屋で過ごします。

娘俊子とボースは『恋』におち、生涯を共にしました。

ボースと相馬夫妻の娘俊子

相馬夫妻の娘俊子はイギリスからの追及が厳しさを増し、中村屋を出なければならなくなったボースに嫁ぐことを決意、世を忍んでの新婚生活を始めました。

当時ボースは32歳、俊子は20歳。俊子は隠れ家を転々とするボースと行動を共にし支えました。
ボースは相馬家の温かさに触れ、いつしか肉親以上の親しみと敬慕の念を持つようになります。
しかし、26歳の若さで俊子が永眠。ボースの無念は計り知れないものでした。

ボースは、祖国の味を日本に伝えたいとカリーの作り方を伝授しました。

喫茶部開設当時

昭和2年、中村屋は新宿の店内に喫茶部を開設しました。
それ以前から「買物の時一休みできる場所を設けてほしい」というお客様の要望がありましたが、愛蔵は喫茶のような丁寧なお客扱いは容易には出来ないだろうと思案していました。

それが実現するに至った理由の一つに、ラス・ビハリ・ボースの熱意がありました。

「日本のカレー旨くないな…」ボースは本場の味にこだわりました。

昭和初期の日本のカレーライスは洋食の一つとして普及しはじめていましたが、それはイギリス経由で渡ってきた小麦粉を使った欧風料理。本場インドのカリーとは程遠いものでした。

「カラい、アマい、スッパい、味みなあって調和のとれたもの一番いい。舌ざわりカラくなくて、食べたあとカラ味の舌に沸いてくるものでなくてはダメねエ。」

これはインド人、ラス・ビハリ・ボースの嘆きです。
ボースは多くの日本人が抱く祖国インドの食文化に対する誤解を解き、本場の味を伝えようと、開設を検討していた喫茶部でインドカリーを出すことを提案します。

こうして昭和2年に開設された喫茶部のメニューに、純印度式カリーという商品名が並ぶことになりました。

愛蔵は、努力と工夫で、本物にこだわりました。

昭和初期喫茶部のインド間

シャモ養鶏場(昭和初期)

洗練された味覚を持つ人々に歓迎され、喫茶部の看板メニューとなったインドカリー。
それまでのカレーが小麦粉を炒めてルーを作るというイギリス式だったのに対し、インドカリーは玉葱を形がなくなるまで炒め、ヨーグルトとブイヨンを加えてトロミを出すのが大きな特徴です。

この味を実現するまでも発売した後も、中村屋は様々な努力と工夫を行いました。

本物のインドカリーを作るには、鶏肉、スパイス、バター、ヨーグルト等、90年前の当時ではなかなか納得のいくものが手に入りません。
ならばと、バターやヨーグルトは自前の牧場を造って自家製のものに。
鶏肉も種類をシャモに選定して養鶏場を作り、カリーの煮込みに最もあうよう1羽1羽大切に育てました。

当時一般のカレーが10銭から12銭程度のところ、中村屋が
発売した80銭の純印度式カリーは食べた人に衝撃を与え飛ぶよ
うに売れて、中村屋の不動の名物料理になりました。

カリー誕生の背景には、ボースの祖国に対する情熱があったのです。

二宮 健(にのみや たけし)
顧問・総料理長兼チーフテイスター
1936年生まれ。1952年の入社以来、今日まで本店・直営レストランのメニュー開発ならびに食品開発を担当。
中村屋総料理長としてラス・ビハリ・ボースが伝えた「インドカリー」をはじめとする伝統の味を伝承すべく、厳しい目で後継者を育成するとともに、チーフテイスターとして中村屋の味のご意見番を務める。

「中村屋本店では、時代の変化に合わせて、より上質な素材を求め、研究し続けています。
現在では、鶏肉は国内の専用契約農場で育てられた鳥を毎日配送してもらい、お米はカリーに合うパラパラ感と日本人好みのもちもち感の両方を兼ね備えた石川県のコシヒカリと期間限定で昔ながらの白目米を使用しています。
玉ねぎは甘みとさわやかな味わいを兼ね備えた、淡路・丹後産を用いて、じっくり炒め、自然の甘みとうまみを引き出しています。

時代の変化とともに、より上質な素材を求め、研究し続けていますが、作り方自体は、スタート時から変わっていません。
お客様から『いつも変わらない』と言われることが一番大切、と考えています。」